ホームページ作成・デザイン

ソフトの使い方やデザインの勉強をするには?

ソフトの使い方

まずは,AdobeのIllustratorやphotoshopが使えるようにならなくては話になりません。
スクールへ通う?本を購入する?
どちらも必要ないのでは?というのが,強くお伝えしたいところです。

スクールへ通うことは考えたことはありませんでしたが,昔はアプリの使い方などの本をよく購入していました。ホームページに関する本やプログラミングに関する本もしかり・・・。

でも,アプリを使っていて,困ったことがあってもその本の中から探すってことはなかなかないんですよね。その手の書籍は結構いい値段ですが,数年でアプリ自体がバージョンアップしてしまったり。

アプリ自体の使い方は今ではAdobeのラーニングとサポートが充実しているので,そこで順番に勉強していくとよいと思います。動画で本当にわかりやすく,初心者だけはなく,ある程度使いこなせるようになっても,普段は使わない機能やこんなことできたんだ!という発見があります。

Adobe Photoshop ラーニングとサポート

Adobe Illustrator ラーニングとサポート

デザインの勉強方法

色々なデザインを集める!

アプリ自体の使い方よりも,このデザインの勉強のほうが独学では難しいのではないかと思います。私がずっと続けていて,今もやっている方法。それは色々なデザインを集めること。素敵だなと思った看板やパッケージなど写真で撮影したり,チラシやパンフレットを集めておきます。

私はこんな感じで100均のファイルにどんどん入れています。後から考えると,ジャンルごとに整理して入れておけばよかったなあと思います。

クラウドワークススの仕事では,リフォームの折り込み広告や,塾やスクールの広告の依頼が多くあります。日ごろから新聞の折り込み広告などチェックして持っておくととても参考になると思います。デザイン性の高いものよりも,見やすさ,わかりやすさを重視しているのがわかります。

2020年10月お気に入りのデザインの本

やはりデザイン系の本も流行りがあります。web関連のデザイン本はもう購入するのをやめたのですが,色々なチラシやデザインを集める手間が省けて,参考になる本を見つけました。自分でパンフレットやチラシを集めるとつい似たようなものばかりになってしまうので,とてもおすすめです。


「ペライチのデザイン」は本当にいろんなジャンルのいろんなペライチと呼ばれる,ちらし・広告・パンフレットがたくさん掲載されています。
自分で集めなくても,この本さえあればどんなジャンルのデザインにも対応できると思います。
配色や書体,構図など本当に参考になります。
2020年1月発売


そして,この2冊の本。

Adobe製品を使っていると使えるフォントがとても多いので,デザインしているうちに,このフォントもあのフォントもと試しているうちにフォント迷子になってしまいがち💦💦
「ほんとに、フォント。」は,たくさんのフォントの中からどんなフォントを選んだらよいか。など。NG例も出ているので,参考になります。

そして,フォント例の多くが,AdobeFontsで利用できるので,気に入ったフォントがあればそのまま利用することもできます!

「あたらしい、あしらい。」は2020年8月に発売になったばかりですが,同じ写真・色合いなのに,全然違う!といった例がたくさん掲載されています。

そして,使用しているフォントや色の設定なども記載されているので,そのまま作れば素敵なパンフレットできてしまうのでは?と思うほど。

試し読みもできます!
2020年8月発売

 

2019年2月発売