開業届&確定申告

【2021年青色申告】65万円控除を受けるためにe-Taxの開始準備

何もかも準備ができていないのですが💦💦💦

令和2年度(2020年度)から,青色申告特別控除は65万円から55万円にひきさげられました。でも,e-Taxによる申告か電子帳簿保存を実践していれば,65万円の控除を受けられます。

こちらの本の受け売り!

e-Taxの申請は,マイナンバーカードを利用するか,マイナンバーカードを利用せずに,事前に申請する方法と2種類。

どこかのHPに事前に税務署に運転免許を持って,申請に行き「利用者識別番号」をもらう。と書いてあったので,マイナンバーカードを持っていない私はどちらにしても面倒だなあと思っていました。

もちろん,税務署へ行き「利用者識別番号」を発行してもらうこともできるのですが,e-Taxのホームページで簡単に申請することができました。

  • マイナンバーカードを利用する場合
    ICカードリーダまたはスマートフォン(マイナンバーカード対応)が必要
    e-TaxのHPで「利用者識別番号」の発行・登録
  • マイナンバーカードを利用しない場合
    事前にe-Taxで「利用者識別番号」を発行

私はマイナンバーカードを利用しない場合で「利用者識別番号」を発行したので,マイナンバーカードを利用したやり方はわかりませんが,どちらにしても登録が必要ですね。

マイナンバーカードを利用すると,住所や名前などが自動入力になり,ちょっと楽!ということだけのようです。

マイナンバーカードを利用しない「利用者識別番号」の発行

e-taxへアクセス

公式ページ

各ソフト・コーナーへ

利用者識別番号を取得する

作成・送信する開始(変更等)届出書の選択

氏名等の入力

暗証番号・納税用確認番号等の入力

ここの暗証番号や納税用確認番号等はしっかりメモしておきましょう。

最後に印刷&保存

最後に利用者識別番号の発行がされて,番号が表示されます。メッセージで印刷や保存をするように指示がありますが,必ず印刷しておきましょう。

やりだしてしまえば大した作業ではなく,10分かからないくらいで終了です。

まだ,この本のパート2が終わったところ。
パート3では,帳簿ってどんなもの?と帳簿についての説明が書かれています。
なんとなくこの本を順番にこなしていけば初めての青色申告も行けるのでは?なんて甘い考えですが,勘定科目ってなんだろう?帳簿のつけかたすらわからない私にとってはまだまだなんでしょうか?会計ソフトfreeeのほうも,登録だけはしたのですが,まだ何の入力もしておりません。
<巻頭特集>
● 青色申告 最初の?に答える
● 青色申告の1年間スケジュール
● 帳簿入力なんて難しくない・恐くない
● 青色申告「決算書」「申告書」はこう書く!
● 新型コロナウイルス感染症への主な対策
【パート1】 青色申告の魅力を知りつくす
● 事業には税金がつきもの
● 節税したい人は青色申告しよう
● 最大65万円を所得より差し引ける
● 家族への給与を必要経費にできる
● 赤字を使い翌年以降の所得税をゼロに
● 節税に役立ち、信用力もアップする
【パート2】 ソツのない申告書類の書き方
● 青色申告を始めるには届け出が必要
● 事業スタートを税務署に伝えよう
● 10万円控除か55万円 / 65万円控除を選ぶ
● 家族の給与を経費にできる重要書類
● 従業員を雇うにも届け出が必要
● 65万円控除を受けるためには
【パート3】 「帳簿」は青色申告の必須アイテム
● 帳簿はどうして必要か
● 事業とプライベートのお金を分ける
● 預金通帳をフル活用して手間を省く
● 必要な帳簿、不必要な帳簿がある
● 現金出納帳
● 預金出納帳
● パソコン会計はメリットいっぱい
【パート4】 帳簿入力最初のカベ「勘定科目」をマスターする
● 帳簿で必ず迷う「勘定科目」って何?
● 勘定科目20
● 勘定科目は新たにつくってもよい
【パート5】 超カンタンン帳簿の入力 ポイントガイド
● 必要経費かどうかの境界線は?
● プライベートのお金はどう入力する?
● 自宅が仕事場なら家賃は経費?
● 迷いがちな帳簿入力 お助け虎の巻
● 領収書がないと必要経費にできない?
● 領収書のファイルは「下から貼る」
【パート6】 年に一度の帳簿のまとめ方、決算のしかた
● 1年間の事業のもうけをまとめる
● 「今年の売上」はどこからどこまでか
● 高価で長く使うものは分割して経費に
● 「たな卸」で売れ残りを帳簿に反映する
● 還付申告なら1月から提出できる
● 帳簿も申告書の控えも7年間保管する◇ 当てはまる所得控除を見逃すな
◇ 主な固定資産の耐用年数 / 定額法の償却率表