採点・添削業務

採点・添削業務は儲かるの?【2021.4月更新】

2020年4月22日記事に,新しく情報を加えて更新しました!

模擬試験の添削の場合は出勤して採点をする場合もありますが,在宅ワークで採点・添削業務を行っている場合も多いですね。

模擬テストの採点の他にも、通信教育や小論文の添削,web講師や問題を作成する仕事などもあります。

模擬テスト・通信教育で添削業務を募集している会社

どの会社も年間のスケジュールで,募集の時期が決まっています。

実際収入はどのくらい?

私も細く長く?在宅で添削を行っています。
在宅ワークで添削を!と紹介しているサイトも多いですが,実際に添削をやっている。という人なかなかみつからないですよね。
添削業務稼げないんじゃないか?説もあり(笑)

かれこれ,3年ほど大手通信教育の添削業務を行っております。
最近の添削業界の流行りはやはりデジタル添削。添削業務も手書きではなくて、パソコンを使って添削を行うことが多いのですね。

で最近の収入の状況ですが、ざっとこんな感じ。金額丸めてあります!

2019.4月 4000円
2019.5月 3000円
2019.6月 5000円
2019.7月 8000円
2019.8月 2000円
2019.9月 7000円
2019.10月 8000円
2019.11月 11000円
2019.12月 12000円
2020.1月 14000円
2020.2月 16000円
2020.3月 21000円 ←ここ緊急事態!
2020.4月 28000円 ←ここ緊急事態!
2020.5月 17000円
2020.6月 17000円
2020.7月 20000円
2020.8月 20000円
2020.9月 18000円
2020.10月 20000円
2020.11月 16000円
2020.12月 31000円
2021.1月 16000円
2021.2月 18000円
2021.3月 39000円

2019.4月~10月まではだいたい週1日3時間程度の稼働です。
4月やGWのある5月や夏休み働いていませんねー。休みは比較的自由に提出できます。
2019.11月より,週2日6時間程度に増やしました。増やしたといっても時給ではなく,1枚〇〇円という業務委託です。

そして,2020.3月~4.5月にかけて,緊急事態宣言により,子どもたちは休校中でした。

安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれですが,夕飯の支度をしながら添削。で合間に洗濯物取り込んで。(もちろん添削真剣にやっています)と考えると安すぎる。ということはないと思っています。

そして,試験がなかなか大変で,採用試験も数回あり,研修もありで,実際に業務できるのがだいぶ先になってしまうのがちょっとネックですね・・・。